[ラウリルグルコシド]ヤシ油由来のベビーに使える、優しい刺激緩和剤

投稿日:

ラウリルグルコシドは、ヤシ油などから取れるラウリン酸と糖のひとつである、グルコースから作られる植物由来の界面活性剤です。ラウリルグルコシドは、比較的刺激の少ない界面活性剤のため、ベビーシャンプー等の成分として使用されているものです。洗浄剤、刺激緩和剤として使用される成分です。

ラウリルグルコシド

ラウリルグルコシド
出典写真AC

 

成分評価3

ラウリルグルコシドとは

ラウリルグルコシドは、ヤシ油、パーム油などに含まれる、ラウリン酸と、糖のひとつであるグルコースから作られる、植物由来の界面活性剤である。

ラウリン酸は、食用(マーガリン等)に使われるパーム核油やヤシ油の主成分で、石けんの材料になったりします。またグルコースは、一般的にぶどう糖と呼ばれているもので、人間を初めとする、動植物のエネルギー源のひとつです。

ラウレス硫酸とラウリルグルコシドの違い

ラウリルグルコシドは、ラウレス硫酸と名前が似ている事で、よく混同される人が多いのですが、完全に別物です。ラウレス硫酸については、分子量が小さい事で、非常に洗浄力が強い洗浄成分で頭皮トラブルの原因のひとつとして、知られています。

一方で、ラウリルグルコシドは、ラウリン酸(ヤシ油由来の脂肪酸)とグルコースからなる、合成界面活性剤です。非常に低刺激な界面活性剤成分です。

⇒つづきは

[ラウリルグルコシド]ヤシ油由来のベビーに使える、優しい刺激緩和剤

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中