水素と水は、無くてはならない大事な栄養素その訳とは?

投稿日:

水素と水は、無くてはならない栄養素

水素と水

最近、美容と健康で注目を集めている、水素水が注目を集めています。水素水とは、水素と水で出来ている、水溶液です。何気なく飲んでいますが、非常に重要な栄養素なのです。

人の身体の60%は、水で出来ている。

そもそも、人の身体は、60%は、水で出来ています。これは、成人男性で体重が70kgの人で、約42リットルもの、水分を抱えている事になります。また、年齢によっても、体内の水分量は異なり、新生児では、80%程度が水分ですが、加齢とともに減少していき、高齢者になると、50~55%程度まで、水分量は減少してしまうのです。

加齢で減少する理由としては、筋肉の増減に関係しているようです。水のほとんどは細胞内に溜め込んでいますが、しかし、加齢とともに、細胞が老化する事で筋肉も弱くなりますが、

そんな水は大事な栄養素のひとつです。理由は簡単です。水は無くなると死に直結しているからです。よく遭難時の話でも出ますが、通常 絶食状態で、最大14~15日程度は、生きられますが、水を止めると3日と持たないと言われています。それは、このように、体内に1番多く存在しており、必要とされているからです。

そして水素は、実は60~70%と水よりも身体に多く含まれている成分なのです。

⇒つづきは

水素と水は、無くてはならない大事な栄養素その訳とは?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中