クオタニウム-33

クオタニウム-33は羊由来の陽イオン界面活性剤でヘアーコンディショナー、帯電防止、髪の毛のダメージ抑制、改善の機能がある成分です。

クオタニウム-33(エチル酸硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム(2))

クオタニウム-33
出典写真AC

 

成分評価3

クオタニウム-33とは

クオタニウム-33は、ラノリン誘導第四級アンモニウム塩と呼ばれる、陽イオン界面活性剤で、カチオン界面活性剤とも呼ばれています。陽イオン界面活性剤は、洗浄剤として使用する陰イオン界面活性剤とは逆の性質をしており、髪の毛や肌、頭皮に吸着する性質があります。

一般的に、クオタニウム-33は、羊の皮脂分泌物由来の成分で、一般的に単体では、三洋化成工業のカチオンLQのように黄色~黄褐色のペースト状をしており水溶性で低pHでも容易に混ぜる事が出来ます。そしてシャンプー、コンディショナーなどへの配合をしやすくするため、日本精化のカチオンNHやNIKKOL LANOQUAT DES 50のようにBGなどで、希釈してあるのが一般的です。

⇒つづきは

クオタニウム-33(エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム(2))

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中